こんだてを考える
【こんだて募集中!】ただ今のこんだて総数 16140 件!
こんだてスタイリスト募集中 “こんだてnote”とは?
 下のボタンよりこんだて作成画面に進み、こんだてを『公開』いただくだけでコンテスト応募完了♪

※こんだて作成時にXmas期間限定配布の背景を選択して公開されたこんだても、当コンテストに自動応募となります!
※下記ボタンから作成を開始したこんだて、xmas背景を使って作成したこんだてには、こんだて公開前画面の「キーワード」入力欄に「クリスマスのこんだて2012」というワードが自動入力されます。このワードが当コンテスト参加の印となりますので、削除しないようお気をつけくださいませ・・・!

 複数のこんだてでご参加いただいてもOK!
 まず「こんだての作り方」をチェックしたい場合はこちら
クリスマスのこんだてを作る
賞品
小林孝延さん
『ESSE』編集長:小林孝延さん

実はESSEに寄せられるお悩みナンバーワンは「献立」に関すること。とりわけ大切なイベントご飯には頭を悩ませまるものです。いったいみなさんはどんなアイデア献立でクリスマスを楽しむのでしょう? 審査前からワクワクします! 素敵な組み合わせを考えてくださった方はESSEが取材しちゃうかもしれませんよ!?

勇気凛りんさん
料理家/料理ブロガー:勇気凛りんさん

こんにちは勇気凛りんです。とても楽しいクリスマス献立コンテスト企画にワクワクしています。年末の忙しい時期でもありますが、ご家族やご友人と楽しくゆっくり過ごせるクリスマスの食卓です。心温まる幸せで素敵なクリスマス献立をお寄せくださいね。

【審査ポイント】:以下のような項目を考慮して審査します。…コンテストのテーマにふさわしいこんだてで、作ってみたくなる | メニューとメニューの組み合わせ方・バランスに納得感や意外性の楽しさがある | 「こんだてのタイトル」「こんだてのポイント」にスタイリストとしての工夫がある | こんだて完成画像の見栄え、楽しさ・綺麗さに配慮がされている

【サンクスプチギフト】:素敵なこんだては、素敵なレシピがあってこそ♪ 受賞したこんだてに使用されたレシピ作者の方にも、“サンクスプチギフト”としてAmazonギフト券500円分をお贈りします。 ※サンクスプチギフトは、こんだてに使用されたレシピの点数に関わらず1点とさせていただきます。 ※サンクスプチギフト対象者とコンテスト受賞者が同一の場合、贈呈はコンテスト受賞賞品となります。
審査員のおふたりにも、「クリスマスのこんだて」を作っていただきました
到着中!みんなの「クリスマスのこんだて」を見る

結果発表

グランプリ 「ちょっとおしゃれな♪クリスマス☆」 / ぶーさん

スタイリストのコメント:

大切な人と素敵なクリスマスを楽しめるメニューにしました。 おしゃれなお料理を食べながら素敵な時間を楽しんでね♪

審査員のコメント:

メイン、サイド、デザートいずれも決してクリスマスの王道メニューではないけれど、タイトル通りおしゃれにバランス良くまとめられている点が評価のポイントになりました!食べるときだけでなく、作る方もわくわくお料理ができそうです♪
(こんだてnote編集部)

審査員賞(小林孝延さん賞) 「クリスマスのお菓子パーティー」 / つるた かめこさん

スタイリストのコメント:

こんなにかわいいお菓子が並べば 大人も子どもも大喜び♪

審査員のコメント:

とにかくパッと目を引くインパクトとお菓子パーティーというコンセプトが最高に楽しそうでわくわくしました。献立なのにお菓子3品はちょっと反則?なのかもしれませんがセレクトしたスイーツと背景のカラーコーデも完璧。子供も大人も大いに盛り上がりそうで、デザート好きな僕の心にグサリと突き刺さりました。
(「ESSE」編集長 / 小林孝延さん)

審査員賞(勇気凛りんさん賞) 「子供が喜ぶクリスマスカレーセット」 / TAKAYOさん

スタイリストのコメント:

子供が喜ぶメニュー…そしてクリスマスムードいっぱい。 ママもいつもの料理にちょっとひと手間加えるだけ、特別なものはいらない簡単で可愛いテーブルの出来上がり。

審査員のコメント:

こちらの献立に一目ぼれしました!クリスマスのお料理はこうでなきゃいけない!という概念に縛られることなく、愛するお子さんの喜ぶ顔を思い浮かべ考えたお料理を、もしかしたらお子さんと一緒にクリスマスソングを歌いながら作ったのかなーと、私の想像も膨らみ幸せな気持ちにさせていただきました。
(料理家・料理ブロガー / 勇気凛りんさん)

佳作


  • ゆりぽむさん

  • ★ miz ★さん

  • あっこさん

  • ふうかさん

  • yoppiさん

  • あとむ44さん

  • バリ猫(ゆっきー)さん

  • ちびくろさん

  • *nob*さん

  • RUNEさん

★特別審査員のお二人からひとこと★

どの作品もお料理創作意欲をかき立ててくれるものばかりで選ぶのにとても苦労しました。そこで今回はクリスマス=チキン、クリスマス=ディナーとつい考えがちな固定観念の枠を飛び出したもの、考案した献立がふるまわれるシチュエーションのイメージが明確なものに比較的高得点をつけました。最後になりますが、ついつい悩みがちな献立もみんなでアイデアをシェアするとこんなに楽しくなる!というところにこのサービスの楽しさと可能性を感じました。
(「ESSE」編集長 / 小林孝延さん)

とても楽しく審査をさせていただきました。どの献立も大切な人と過ごす、笑顔いっぱいの温かい食卓を念頭に考えてたてられた素敵なものだと思いました。実際にテーブルに並んだ図も想像し審査させていただきました。また、レイアウトや背景の使い方も素敵で見ているだけで想像が膨らむ献立が多く、大変参考になりました。
(料理家・料理ブロガー / 勇気凛りんさん)