風俗は男の希望

簡単じゃないとは分かっている。でも好き

女の子を活かせるのは、風俗じゃなくても大変です。むしろそこにこだわるのではなく、風俗嬢からの快感を素直に楽しんだ方が男としての快感は上なんじゃないかなって思うんですよ。それでもやっぱり時には女の子を攻めたい気持ちになるので、ついつい風俗嬢相手にハッスルしてしまうこともあります。その場合、自分としてはそれまでの経験をもとに女の子を攻めるしかないじゃないですか。そこで頼りになるのが自分の経験だけじゃなく、風俗嬢のレクチャーなんですよね。いろいろと言ってくれる子もいるじゃないですか。ちょっとずれているとか、もっと頑張ってとか(笑)そういったことをリクエストしてくれるのがとっても楽しいんですよ(笑)でもそういった女の子の方が少数派ですかね。あまり力まず、かといって初めから諦めるのではなく、それだけに固執するでもなく自分なりに女の子に快感を与えつつ、楽しみたいなって思っていますけど、イカせたことはありません(笑)

会社の後に行くのが一番楽しい

会社帰りに立ち寄る風俗が一番好きなんですよね。相手云々ではなく、会社の帰りって開放感があるじゃないですか。休前日ならベストですけど、休前日じゃなくても楽しむことはありますよ。うちの会社は残業がそこまで長くならないというか、むしろ世間的なものもあって残業が縮小傾向にあるんですよね。それだけに、風俗で遊ぶ時間もそれなりに余裕があるんです。だから仕事帰りでも風俗を楽しめるんですけど、仕事帰りだと解放感と程よい疲労も解消されていくかのような気持ちになりますし、まっすぐ家に帰ると、仕事のためだけに生きているようで自己嫌悪に陥る時もあるんです。だから出来れば仕事帰り、ちょっとしたことで良いのでどこかに寄りたいんですよね。本当に何でも良いんですけど、風俗であればそれがさらに楽しいものになるじゃないですか。だからこそ、会社帰りは風俗で決まりですね(笑)時には男としての自分を解放したいなって時もありますし。