風俗は男の希望

バイオリズム次第ですかね

風俗に行くかどうかは、気分というよりもバイオリズムなのかもしれません。周期があるんですよね。物凄く行きたいなって時もあれば、逆にあまり関心がない時もあるんです。こればかりは自分でもどうなるのか、よく分からないんですよ(笑)風俗気分になるのかどうかは、本当に自分でもよく分からない部分があるので、行くべき時には行く。本当にそんな雰囲気でしかないんですよね。でも、それくらいで十分なんじゃないかなって思っているんで。。あまりにも前のめりになりすぎるとお財布の方が悲鳴を上げるようになるじゃないですか。だから適度な回数を保てるんですよね。その点では風俗の世界は良く出来ている世界だなって思いますね。自分の場合、性欲はそこまで強くはないとは思うんですけど、それでも時にはチラッと楽しみたいなって思う時もありますので、風俗気分が高まった時には遠慮なく足を運んで楽しむようにしていますし、それがベストなのかなって。

期待出来るからこそですね

風俗で選ぶ女の子は、基本的に自分が期待出来る子にしています。フロントとも相談しますね。それによって、ベストアンサーが見えてくるんですよ。どんな女の子にすべきなのかはもちろんですけど、やっぱり風俗嬢にだって得手不得手があるじゃないですか。そこがある種の見所なんですよ。風俗嬢が得意だとすることが、自分のニーズなのかどうか。これが風俗ではとても大切なんじゃないかなって思うようになってきたんですよね。自分が求めていない部分で「特技です」と言われてもあまり意味がないですしね。だから自分が求める部分を特技としている風俗嬢を指名するようにしていますので、自ずと期待値は高まりますよね。そして、やはり特技なだけあって、こちらをしっかりと満足させてくれる率が高いです。黙っていても相手に任せていればそれだけでこちらは快感の絶頂へと到達出来るので、風俗では期待出来るタイプの女の子を指名するようにしているんですよね。